不動産活用の方法は一つじゃない~コインパーキング経営で安定収益~

家

保証人問題

不動産

簡単に保証人にならない

アパートやマンションなど、不動産を持っていて投資を行なっている人は全国に数多くいます。ですがそれらの不動産物件を自分で管理するのはとても大変です。そのため、いまは管理会社に委託して、広告や入居者の募集、契約などを行なってもらうことが主流となっています。中でも家賃保証は大事な部分になります。空室が万が一出た時、あるいは入居者が家賃を滞納してしまった時には、通常だと収入が減ってしまいます。ですが家賃保証があれば借りる側も連帯保証人が不要となり、借りやすくなるというメリットが生まれます。双方にメリットがあるので、依頼している人が多いのです。

保証人で工夫する事

不動産会社ではなく、いまは家賃保証に特化した管理会社も増えてきています。そこに依頼することで、家賃保証があるだけでなく、様々な手配をしてくれるので、空室削減にも役立ちます。この家賃保証を依頼するとき、申し込みも難しくはないので、早めに行なうようにしましょう。管理会社によって支払いが早いところもあります。不動産投資は将来のため、あるいは現在の生活のために行なっている人が多いですが、収入をしっかりと得るためにも、きちんとした管理会社への依頼が必要となってきます。また場所によって保証期間が異なっています。そのため新築であれば、長い間保証をしてもらえるように、保証期間の長いところへの依頼が必須となるでしょう。セミナーを開催したり、資料を配布したりしているところもあるので、情報収集をきちんとした上で依頼を行なっていきましょう。